ごく普通の在日

Ubuntu 10.10に日本語入力Mozcをインストール

昨日は職場の新しいPCのインストール&設定したので、メモっておく。

Google 日本語入力
Googleが最高、Google先生が好きで、好きでっていう人はやっぱりGoogleの日本語入力も使いたいわけですなぁー

WindowsとMac OSはhttp://www.google.com/intl/ja/ime/から簡単にインストールすることができるが
Linuxユーザーはオープンソース版からダウンロードしてインストールすることもできる(http://code.google.com/p/mozc/)

まずは、mozcをビルドする前に必要なものをインストールしておく。

% sudo apt-get install g++ python libibus-dev libcurl4-openssl-dev libssl-dev zlib1g-dev libdbus-1-dev libglib2.0-dev libprotobuf-dev protobuf-compiler libgtest-dev subversion devscripts debhelper libqt4-dev scim libscim-dev libzinnia-dev
ビルドとdebianパッケージをインストール

% sudo apt-get install gyp
% mkdir -p ~/src/mozc
% cd ~/src/mozc
% svn co http://mozc.googlecode.com/svn/trunk/src
% cd src% debuild -b -uc -us
This package has a Debian revision number but there does not seem to be...
...(略)...

Finished running lintian.

~/src/mozc/srcの中でビルドしていたら~/src/mozcの中に *.deb のファイルができるので全部インストールしておく
(x.x.x.xはバージョン番号)
% sudo dpkg -i ../ibus-mozc_x.x.x.x_*.deb ../scim-mozc_x.x.x.x_*.deb ../mozc-server_x.x.x.x_*.deb ../mozc-utils-gui_x.x.x.x_*.deb

インストール方法についてもっと詳しく知りたければ以下のURLを参考
http://code.google.com/p/mozc/wiki/LinuxBuildInstructions

上記の作業が終わったら、一度再起動するかログインしなおしてmozcがIBusに登録されているはず

IBusの設定

IBusの設定は「システム」 > 「設定」 > 「IBusの設定」から開ける。
だが、IBusが標準に入っているのはUbuntu 10.04までで、10.10からはSCIMに変わっている。

SCIM入力メソッドの設定

Ubuntu
10.10でどうしてもIBusの設定が見つからないときは、上のパネルにあるキーボードのようなアイコンをクリックしたら「IBusの設定」がでてくる。
これでmozcを追加できるはずだ。
昨日は職場の新しいPCのインストール&設定したので、メモっておく。

Google 日本語入力
Googleが最高、Google先生が好きで、好きでっていう人はやっぱりGoogleの日本語入力も使いたいわけですなぁー

WindowsとMac OSはhttp://www.google.com/intl/ja/ime/から簡単にインストールすることができるが
Linuxユーザーはオープンソース版からダウンロードしてインストールすることもできる(http://code.google.com/p/mozc/)

まずは、mozcをビルドする前に必要なものをインストールしておく。

% sudo apt-get install g++ python libibus-dev libcurl4-openssl-dev libssl-dev zlib1g-dev libdbus-1-dev libglib2.0-dev libprotobuf-dev protobuf-compiler libgtest-dev subversion devscripts debhelper libqt4-dev scim libscim-dev libzinnia-dev
ビルドとdebianパッケージをインストール

% sudo apt-get install gyp
% mkdir -p ~/src/mozc
% cd ~/src/mozc
% svn co http://mozc.googlecode.com/svn/trunk/src
% cd src% debuild -b -uc -us
This package has a Debian revision number but there does not seem to be...
...(略)...

Finished running lintian.

~/src/mozc/srcの中でビルドしていたら~/src/mozcの中に *.deb のファイルができるので全部インストールしておく
(x.x.x.xはバージョン番号)
% sudo dpkg -i ../ibus-mozc_x.x.x.x_*.deb ../scim-mozc_x.x.x.x_*.deb ../mozc-server_x.x.x.x_*.deb ../mozc-utils-gui_x.x.x.x_*.deb

インストール方法についてもっと詳しく知りたければ以下のURLを参考
http://code.google.com/p/mozc/wiki/LinuxBuildInstructions

上記の作業が終わったら、一度再起動するかログインしなおしてmozcがIBusに登録されているはず

IBusの設定

IBusの設定は「システム」 > 「設定」 > 「IBusの設定」から開ける。
だが、IBusが標準に入っているのはUbuntu 10.04までで、10.10からはSCIMに変わっている。

SCIM入力メソッドの設定

Ubuntu
10.10でどうしてもIBusの設定が見つからないときは、上のパネルにあるキーボードのようなアイコンをクリックしたら「IBusの設定」がでてくる。
これでmozcを追加できるはずだ。