ごく普通の在日

もうひとりの、女性


彼女のことは好きか?って聞かれても、好きだって言い切れないね。そんな人間関係だけれどあなたは大事な人の一人だ。彼女はもうすでに家庭を持っている立派な大人の女性だ。


本人には失礼なのかもしれないが、彼女は自分よりも男前(?)というか男らしき思考や振舞えがあると、たまには思ってしまう。それは、かよわい自分を「見習え」と言わんばかりで、ひとつの、自分に対する教育かもしれない。


母上との口論や喧嘩があるとき、彼女はいつも僕の見方になってくれている。謝りを犯した時もきちんと怒ってくれる人だ。
いいのも悪いのも多く(?)の経験をもっている彼女はいざというときに冷静になって判断してくれる。自分を守ってくれるし、信頼してくれている。


なのに時々、自分はそれを無視している。彼女の助けを避けたりすることも多かった。


拝啓、姉上様


僕はあなたのことがよく分かりません。兄弟にしては子供のときも今でも、いつも離ればなれに暮らしていたせいか、僕があまりにも頑固だからか、あなたについては自信を持って語れません。


だけれど、あなたは自慢の姉です。


僕がまだ生まれていない頃、あなたが小さいときから母と苦労していた。そして母と僕を育ててきたあなたはたくましくいつも中心になって家族を保っていた。


あなたはきっと僕のこともわかっていないでしょう。ときにあなたは理解している風に話しているようだがそれは、そうではありません。今の僕は、あなたの思っているような弟ではありません。


拝啓、姉上様


僕はいい弟になっていますか。僕はそんな自信がありません。


あなたはいつも、家族というものを、そしてその大事さを僕に教えようと、伝えようとしている。だけれど、僕には分かっていません。理解できません。
あなたに普通の家族として、何かの相談をしようとしない自分を許してください。


たまには僕の行動を理解できないかもしれない。僕がやろうとしていることも理解できないかもしれない。だけれど、これがあなたの弟です。どうか許してください。


※このドラマはフィクションです。


彼女のことは好きか?って聞かれても、好きだって言い切れないね。そんな人間関係だけれどあなたは大事な人の一人だ。彼女はもうすでに家庭を持っている立派な大人の女性だ。


本人には失礼なのかもしれないが、彼女は自分よりも男前(?)というか男らしき思考や振舞えがあると、たまには思ってしまう。それは、かよわい自分を「見習え」と言わんばかりで、ひとつの、自分に対する教育かもしれない。


母上との口論や喧嘩があるとき、彼女はいつも僕の見方になってくれている。謝りを犯した時もきちんと怒ってくれる人だ。
いいのも悪いのも多く(?)の経験をもっている彼女はいざというときに冷静になって判断してくれる。自分を守ってくれるし、信頼してくれている。


なのに時々、自分はそれを無視している。彼女の助けを避けたりすることも多かった。


拝啓、姉上様


僕はあなたのことがよく分かりません。兄弟にしては子供のときも今でも、いつも離ればなれに暮らしていたせいか、僕があまりにも頑固だからか、あなたについては自信を持って語れません。


だけれど、あなたは自慢の姉です。


僕がまだ生まれていない頃、あなたが小さいときから母と苦労していた。そして母と僕を育ててきたあなたはたくましくいつも中心になって家族を保っていた。


あなたはきっと僕のこともわかっていないでしょう。ときにあなたは理解している風に話しているようだがそれは、そうではありません。今の僕は、あなたの思っているような弟ではありません。


拝啓、姉上様


僕はいい弟になっていますか。僕はそんな自信がありません。


あなたはいつも、家族というものを、そしてその大事さを僕に教えようと、伝えようとしている。だけれど、僕には分かっていません。理解できません。
あなたに普通の家族として、何かの相談をしようとしない自分を許してください。


たまには僕の行動を理解できないかもしれない。僕がやろうとしていることも理解できないかもしれない。だけれど、これがあなたの弟です。どうか許してください。


※このドラマはフィクションです。