ごく普通の在日

[Googleロゴ]NASAのハッブル宇宙望遠鏡打ち上げ20年

最近、グーグルよくこんな画面いっぱい長いデザイン作るよな。バンクーバーオリンピックのときも
[Googleロゴ]NASAのハッブル宇宙望遠鏡打ち上げ20年

ハッブル宇宙望遠鏡(HST)を乗せた米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルが打ち上げから今日は20周年を迎えたそうです。
宇宙のことは詳しくないが、大学時代の、航空宇宙科学科の友達がこういうことについて興味ありそう。あれ?あいつは飛行機にしか興味がないような・・・?

それで調べてみました。いつものWikipedia

ハッブル宇宙望遠鏡
ハッブル宇宙望遠鏡(ハッブルうちゅうぼうえんきょう、Hubble Space Telescope、HST)とは地上約600km上空の軌道上を周回する宇宙望遠鏡である。長さ13.1メートル、重さ11トンの筒型で、内側に反射望遠鏡を収めている。主鏡の直径2.4メートルのいわば宇宙の天文台である。大気や天候による影響を受けないため、地上からでは困難な高い精度での天体観測が可能。

グレートオブザバトリー計画の一環として打ち上げられた。

名称は、宇宙の膨張を発見した天文学者エドウィン・ハッブルに因んで命名された。
NASA, ESA, and M. Livio and the Hubble 20th Anniversary Team (STScI)ハッブル宇宙望遠鏡、打ち上げ20周年
http://www.sorae.jp/031002/3832.html

1990 年4月24日、ハッブル宇宙望遠鏡(HST)を乗せた米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルが打ち上げられた。それからちょうど20 年。NASAは新しい記念画像を公開するとともに、HSTがより身近になる企画を打ち出している。

公開された画像は、りゅうこつ座の方向、 7500光年の距離にある星雲の一部だ。ガスと塵の中で新しい星が作られる一方で、すでに生まれた星からの 放射が星雲を削って変形させている。1995 年に公開された「わし星雲」の有名な画像とよく似た光景だ。

また、HSTを運用する宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)は打ち上げ 20周年を記念して「Make your voice a part of Hubble History(あなたの声を、ハッブルの伝説の一部に)」というキャンペーンを始めた。公式に保存される、ハッブルの観測データをまとめたアーカイブの 中に、自分のメッセージを収録できるというものである。

希望者は以下の公式サイトにあるフォームからメッセージを送信できるほか、 Twitterで“#hst20 ”というタグを含めたメッセージを発信することで、20周年を迎えたHSTへの思いを数々の画像とともに残すことができるという。



そういえば、宇宙に詳しく興味を持ってビジネスしているホリエモンさんがいるよね。
実は、ホリエモンさんは宇宙開発の会社も営業していてその会社の公式ブログが SNS 株式会社公式ブログ - http://snskk.com/ がある。
そのサイトはあまり知られていないようだったが、@takapon_jp でつぶやいていたから知った。

なぜ、人は宇宙に目指す?
最近、グーグルよくこんな画面いっぱい長いデザイン作るよな。バンクーバーオリンピックのときも
[Googleロゴ]NASAのハッブル宇宙望遠鏡打ち上げ20年

ハッブル宇宙望遠鏡(HST)を乗せた米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルが打ち上げから今日は20周年を迎えたそうです。
宇宙のことは詳しくないが、大学時代の、航空宇宙科学科の友達がこういうことについて興味ありそう。あれ?あいつは飛行機にしか興味がないような・・・?

それで調べてみました。いつものWikipedia

ハッブル宇宙望遠鏡
ハッブル宇宙望遠鏡(ハッブルうちゅうぼうえんきょう、Hubble Space Telescope、HST)とは地上約600km上空の軌道上を周回する宇宙望遠鏡である。長さ13.1メートル、重さ11トンの筒型で、内側に反射望遠鏡を収めている。主鏡の直径2.4メートルのいわば宇宙の天文台である。大気や天候による影響を受けないため、地上からでは困難な高い精度での天体観測が可能。

グレートオブザバトリー計画の一環として打ち上げられた。

名称は、宇宙の膨張を発見した天文学者エドウィン・ハッブルに因んで命名された。
NASA, ESA, and M. Livio and the Hubble 20th Anniversary Team (STScI)ハッブル宇宙望遠鏡、打ち上げ20周年
http://www.sorae.jp/031002/3832.html

1990 年4月24日、ハッブル宇宙望遠鏡(HST)を乗せた米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルが打ち上げられた。それからちょうど20 年。NASAは新しい記念画像を公開するとともに、HSTがより身近になる企画を打ち出している。

公開された画像は、りゅうこつ座の方向、 7500光年の距離にある星雲の一部だ。ガスと塵の中で新しい星が作られる一方で、すでに生まれた星からの 放射が星雲を削って変形させている。1995 年に公開された「わし星雲」の有名な画像とよく似た光景だ。

また、HSTを運用する宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)は打ち上げ 20周年を記念して「Make your voice a part of Hubble History(あなたの声を、ハッブルの伝説の一部に)」というキャンペーンを始めた。公式に保存される、ハッブルの観測データをまとめたアーカイブの 中に、自分のメッセージを収録できるというものである。

希望者は以下の公式サイトにあるフォームからメッセージを送信できるほか、 Twitterで“#hst20 ”というタグを含めたメッセージを発信することで、20周年を迎えたHSTへの思いを数々の画像とともに残すことができるという。



そういえば、宇宙に詳しく興味を持ってビジネスしているホリエモンさんがいるよね。
実は、ホリエモンさんは宇宙開発の会社も営業していてその会社の公式ブログが SNS 株式会社公式ブログ - http://snskk.com/ がある。
そのサイトはあまり知られていないようだったが、@takapon_jp でつぶやいていたから知った。

なぜ、人は宇宙に目指す?