ごく普通の在日

はじめまして、Node.js(CentOSにインストール)

Node.js
Node.js

普段からやらなければならない事業の中から余裕持っているからっていう訳でもなく、余計なことをして新しいことを学ぼうかと。
Objective-Cに悩まされているからNode.jsに逃げたいのだ(どういう流れなのこれ)

・まず、CentOSにインストール
今回やってみたのはCentOS 5.8の環境、Node.jsのソースコードはnodejs.orgからダウンロードしてコンパイルしてインストールもできるが、実際やってみるとうまく行かないから違う方法でインストールした。
その前にlibgcc、gcc、cppとかopenssl-develとかインストールする必要がある
# yum install openssl-devel libgcc gcc cpp


公式サイトのダウンロードページのInstalling with a Package Managerリンクから
Githubのページに書かれているどおりに(RHEL/CentOS/Scientific Linux 5 and 6)
wget http://nodejs.tchol.org/repocfg/el/nodejs-stable-release.noarch.rpm
yum localinstall --nogpgcheck nodejs-stable-release.noarch.rpm
yum install nodejs-compat-symlinks npm
rm nodejs-stable-release.noarch.rpm


これでNode.jsとnpm(Node Package Manager)のインストールができた

・Hello World(公式サイトのサンプルとほぼ一緒)
server.js
var http = require('http');
http.createServer(function (req, res) {
res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
res.end('Hello World
');
}).listen(8000);
console.log('Server running at http://127.0.0.1:8000/');


実行
$ node server.js
Server running at http://127.0.0.1:8000/


http://127.0.0.1:8000にアクセスすると「Hello World」が表示されるよ。

忘れやすいので毎回「あれ?どうやったっけ?」ってならないように書いておかないと・・・・
Node.js
Node.js

普段からやらなければならない事業の中から余裕持っているからっていう訳でもなく、余計なことをして新しいことを学ぼうかと。
Objective-Cに悩まされているからNode.jsに逃げたいのだ(どういう流れなのこれ)

・まず、CentOSにインストール
今回やってみたのはCentOS 5.8の環境、Node.jsのソースコードはnodejs.orgからダウンロードしてコンパイルしてインストールもできるが、実際やってみるとうまく行かないから違う方法でインストールした。
その前にlibgcc、gcc、cppとかopenssl-develとかインストールする必要がある
# yum install openssl-devel libgcc gcc cpp


公式サイトのダウンロードページのInstalling with a Package Managerリンクから
Githubのページに書かれているどおりに(RHEL/CentOS/Scientific Linux 5 and 6)
wget http://nodejs.tchol.org/repocfg/el/nodejs-stable-release.noarch.rpm
yum localinstall --nogpgcheck nodejs-stable-release.noarch.rpm
yum install nodejs-compat-symlinks npm
rm nodejs-stable-release.noarch.rpm


これでNode.jsとnpm(Node Package Manager)のインストールができた

・Hello World(公式サイトのサンプルとほぼ一緒)
server.js
var http = require('http');
http.createServer(function (req, res) {
res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
res.end('Hello World
');
}).listen(8000);
console.log('Server running at http://127.0.0.1:8000/');


実行
$ node server.js
Server running at http://127.0.0.1:8000/


http://127.0.0.1:8000にアクセスすると「Hello World」が表示されるよ。

忘れやすいので毎回「あれ?どうやったっけ?」ってならないように書いておかないと・・・・