ごく普通の在日

アンドレアス・グルスキー展に行ってきた

アンドレアス・グルスキーはフルカラーの風景写真で世界中に知られたドイツの写真家だ。
彼を知ったきっかけは「Rhein II」という作品だった。

アンドレアス・グルスキー展

彼の作品「Rhein II」は世界最大のオークション クリスティーズで現在もっとも落札価格が高い作品だ。
Rhein II
参考: 世界で最も高額な写真、3億3000万円なり

そして、彼の写真展を知ったきっかけはこの記事
10枚の世界で最も高価な写真たち。今なら6番目に高い写真が日本で観れるよ。

アンドレアス・グルスキー展

アンドレアス・グルスキー展は2013年9月16日まで東京の国立新美術館で開催されている。
個人的に彼の写真の水平線のまっすぐさに惹かれてこの写真展はぜひみたい思って昨日行ってきた。

アンドレアス・グルスキー展

彼はどんな写真を撮影しているか以下の公式サイトでみることもできる。
アンドレアス・グルスキー展 - gursky.jp

最初はチケットがちょっと高いなーって思っていたが、実際に行ったらすごく納得できた写真展だった。最終日に近いからなのか来場者は少し混んでいてあまりゆっくり作品をみれなかったけど、会場は大きくて思ったより作品数が多く、展示している写真サイズも大きくしていて印象的で、とても良かった。

アンドレアス・グルスキー展

展示されている作品のなかでいくつか日本で撮影したものもある。最初は信じられなかったが、こんな写真は日本でも撮れるんだなと気付かされた。



アンドレアス・グルスキーはフルカラーの風景写真で世界中に知られたドイツの写真家だ。
彼を知ったきっかけは「Rhein II」という作品だった。

アンドレアス・グルスキー展

彼の作品「Rhein II」は世界最大のオークション クリスティーズで現在もっとも落札価格が高い作品だ。
Rhein II
参考: 世界で最も高額な写真、3億3000万円なり

そして、彼の写真展を知ったきっかけはこの記事
10枚の世界で最も高価な写真たち。今なら6番目に高い写真が日本で観れるよ。

アンドレアス・グルスキー展

アンドレアス・グルスキー展は2013年9月16日まで東京の国立新美術館で開催されている。
個人的に彼の写真の水平線のまっすぐさに惹かれてこの写真展はぜひみたい思って昨日行ってきた。

アンドレアス・グルスキー展

彼はどんな写真を撮影しているか以下の公式サイトでみることもできる。
アンドレアス・グルスキー展 - gursky.jp

最初はチケットがちょっと高いなーって思っていたが、実際に行ったらすごく納得できた写真展だった。最終日に近いからなのか来場者は少し混んでいてあまりゆっくり作品をみれなかったけど、会場は大きくて思ったより作品数が多く、展示している写真サイズも大きくしていて印象的で、とても良かった。

アンドレアス・グルスキー展

展示されている作品のなかでいくつか日本で撮影したものもある。最初は信じられなかったが、こんな写真は日本でも撮れるんだなと気付かされた。