ごく普通の在日

母上の教え、「もしお前が結婚を考えているならなぁ・・・」

ある日、母上から連絡があった。
要件を伝えた後、突然

もしお前が結婚を考えているならなぁ、
共働きできる女を選びな、働かずに食うだけの女とかじゃなくて

と、言い出した。ごもっともですよ、母上。

でもな、働く女なのか働きたくなくて結婚をする女なのかを決めるのは
あなたじゃなくて、おれなんですよ、母上。

あなたが心配しているからそう言ったのはよく分かっている。
でもな、自分の子供を信頼することも親のひとつの教育なんなぜ。

あなたはずっと信頼しない。子供の友達のことまで悪く言ったり
子供の友達選びにまで口を出したりするあなたは自分の子供に傷づけていることさえ分かっていない。

いい友達かどうか決めるのはおれだ。
いい女かどうか決めるのはおれだ。
たとえダメ女だとしても、おれが選んだ女なんだ、それくらいは認めてほしい。

あなたは最後まで子供の世話できるわけではない。
子供の決めることや子供の考え方などは、その子供自信の人生なんだ。
だから子供を信頼して「任せる」こと、「見守る」ことを学んでほしい。

それができたらお互いは今のように悩みながら生きなくても済むのだ。
ある日、母上から連絡があった。
要件を伝えた後、突然

もしお前が結婚を考えているならなぁ、
共働きできる女を選びな、働かずに食うだけの女とかじゃなくて

と、言い出した。ごもっともですよ、母上。

でもな、働く女なのか働きたくなくて結婚をする女なのかを決めるのは
あなたじゃなくて、おれなんですよ、母上。

あなたが心配しているからそう言ったのはよく分かっている。
でもな、自分の子供を信頼することも親のひとつの教育なんなぜ。

あなたはずっと信頼しない。子供の友達のことまで悪く言ったり
子供の友達選びにまで口を出したりするあなたは自分の子供に傷づけていることさえ分かっていない。

いい友達かどうか決めるのはおれだ。
いい女かどうか決めるのはおれだ。
たとえダメ女だとしても、おれが選んだ女なんだ、それくらいは認めてほしい。

あなたは最後まで子供の世話できるわけではない。
子供の決めることや子供の考え方などは、その子供自信の人生なんだ。
だから子供を信頼して「任せる」こと、「見守る」ことを学んでほしい。

それができたらお互いは今のように悩みながら生きなくても済むのだ。