ごく普通の在日

はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島

昨日(13日)に江ノ島海岸に行ってきた
波が強くてなめてました。しょぼーん。

はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島

はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島

思ったより早く出かけられたから時間の余裕があった。午前中は江ノ島を歩きまわって食事とって午後から海岸にという予定だった。

今日の天気はほとんど曇っていた。何か予測しているようだった。

はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島

気温は蒸し暑く、水分補給しながら歩いていた。日焼け止めも塗らず帽子もかぶらず、今日は自然には逆らいたくないと思う。そういう気分だった。

結局この日は家に帰って顔が痛くてやけていた。

はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島

今日は自然には逆らいたくないと思っても人間は生きるために、生活のためにずっと自然に逆らってきた。
環境問題など考えてなかった。あること決断してもその影響や後のことなどなかなか考えない。後回しして問題が起こってから解決しようとする。まったく愚かな生き物だ。今日の自分もそうだった。

一方的のように見える。いや、きっとそうだろう。

決めたことを後悔はしていない。だけれど大人になれない自分はいつたってもわがままで情けないなぁと。
時には感情に流されてもいいのではと思った。悲しんでも悲しんでも切なく感じても涙がでないのは大人になってからつらいと思った。素直に涙だして泣いている子供たちをみて羨ましくさえも思うほどだ。

解決できない問題のようだ。学生時代の先生が教えてくれるように、学校の勉強は問題に答えはあるが、社会にでたらそうとは限らない。正しい答えのない問題にぶつかる。
たとえ哲学の本をいくら読んでもきっと僕らは答えが見つからないだろう。それでも人間はそうやって考え込んだり悩んだりして選択と決断して成長していく。

若いほど自分の決めた答えが当たる確率は少ない。当たり前だ。
自分が少しでも大人になったと感じるのは、たくさん食べ物を食べたから、たくさん勉強したから、いろんな場所に行っていろんな人に出会ったから、でもなく
恐らく異性との恋愛感情による決断するときではないかと今日はそう感じた。思い出などで飯を食っていけないと言っても人間性には欠かせないだろう。

こういうときも正しい答えはないだろう。決めたことに意味はあるだろうと信じ、悩んでも悲しんでも時間はよくしてくれるいい薬だと、いつもそう思っている。


ただ時間が経っていくのを待つしかない。



昨日(13日)に江ノ島海岸に行ってきた
波が強くてなめてました。しょぼーん。

はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島

はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島

思ったより早く出かけられたから時間の余裕があった。午前中は江ノ島を歩きまわって食事とって午後から海岸にという予定だった。

今日の天気はほとんど曇っていた。何か予測しているようだった。

はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島

気温は蒸し暑く、水分補給しながら歩いていた。日焼け止めも塗らず帽子もかぶらず、今日は自然には逆らいたくないと思う。そういう気分だった。

結局この日は家に帰って顔が痛くてやけていた。

はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島 はじめて日本の海に入ってきた at 江ノ島

今日は自然には逆らいたくないと思っても人間は生きるために、生活のためにずっと自然に逆らってきた。
環境問題など考えてなかった。あること決断してもその影響や後のことなどなかなか考えない。後回しして問題が起こってから解決しようとする。まったく愚かな生き物だ。今日の自分もそうだった。

一方的のように見える。いや、きっとそうだろう。

決めたことを後悔はしていない。だけれど大人になれない自分はいつたってもわがままで情けないなぁと。
時には感情に流されてもいいのではと思った。悲しんでも悲しんでも切なく感じても涙がでないのは大人になってからつらいと思った。素直に涙だして泣いている子供たちをみて羨ましくさえも思うほどだ。

解決できない問題のようだ。学生時代の先生が教えてくれるように、学校の勉強は問題に答えはあるが、社会にでたらそうとは限らない。正しい答えのない問題にぶつかる。
たとえ哲学の本をいくら読んでもきっと僕らは答えが見つからないだろう。それでも人間はそうやって考え込んだり悩んだりして選択と決断して成長していく。

若いほど自分の決めた答えが当たる確率は少ない。当たり前だ。
自分が少しでも大人になったと感じるのは、たくさん食べ物を食べたから、たくさん勉強したから、いろんな場所に行っていろんな人に出会ったから、でもなく
恐らく異性との恋愛感情による決断するときではないかと今日はそう感じた。思い出などで飯を食っていけないと言っても人間性には欠かせないだろう。

こういうときも正しい答えはないだろう。決めたことに意味はあるだろうと信じ、悩んでも悲しんでも時間はよくしてくれるいい薬だと、いつもそう思っている。


ただ時間が経っていくのを待つしかない。