ごく普通の在日

写真に個性

写真には個性がないとみんなが同じように見えてしまう。
写っているものが違っても撮ったカメラ機種が違っても、撮った人が違ってもなぜか同じように見える。

写真には個性があると、写っているものより多く伝わることがある。
伝わる写真はとても理想的だ。けれど自分の撮った写真はなぜか個性が欠けている。自然体で撮るのが好みだというのに意識しすぎて写しだしたものは理想とは離れたところにある。つまらないものだ。つまらない人が撮るとデキもつまらないのだな。

写真には個性がなくても伝わることも多くある。その時その時に写った出来事を語る写真はよく見かけている。
思い出写真は時間がたっても手にして見ると当時のことがよみがえって思い出してくれる。ニュースなどで使われている写真はその瞬間の物事を語ってくれるときもある。これらの写真の中には個性があるものないものも含まれている。個性ありなしを見分けるより、写真から伝わってくるモノを感じとったほうがいいだろう。

写真には個性など必要がないという意見もある。それはそうだ。
見ているモノが止まって手元に残せるならなんでもいい。それでいいのだ。
個性なんか求めるより素直に写っているものを受け入れればいいだけだ。そう、素直にね

写真には真実と嘘はあるだろう。同じ写真でも人それぞれ違う意味でみていることもある。
言語などを超えるのが写真だ。同じ言語でも勘違いが生まれ、伝わらないこともあるが、写真は時にそれを避けてくれるものだ。

悲しいことに、伝えることがなかなか難しい時代になってしまった。
人は便利なツールを手にし、簡単に連絡をとりあって文字列でスタンプで表現するようになった。電話はしなくなり、話し合いは結局吐き出して並んだ文字が誤解を生み出したことが多くなってきた。
なぜそうなってしまったのだろう。気持ちをわかって欲しいのに、うまく伝えることができないままで傷つけあったり悲しませたりするのは本人たちに問題があったとしても気づいたときにはもう遅かった。

写真に助けてもらうことはできるだろうか。それでは写真で解決するものではないかもしれない。
「あなたのことをずっとみています」と伝えたい一枚の写真は、ただの紙切れになってしまうそのまえに



ではまた



写真には個性がないとみんなが同じように見えてしまう。
写っているものが違っても撮ったカメラ機種が違っても、撮った人が違ってもなぜか同じように見える。

写真には個性があると、写っているものより多く伝わることがある。
伝わる写真はとても理想的だ。けれど自分の撮った写真はなぜか個性が欠けている。自然体で撮るのが好みだというのに意識しすぎて写しだしたものは理想とは離れたところにある。つまらないものだ。つまらない人が撮るとデキもつまらないのだな。

写真には個性がなくても伝わることも多くある。その時その時に写った出来事を語る写真はよく見かけている。
思い出写真は時間がたっても手にして見ると当時のことがよみがえって思い出してくれる。ニュースなどで使われている写真はその瞬間の物事を語ってくれるときもある。これらの写真の中には個性があるものないものも含まれている。個性ありなしを見分けるより、写真から伝わってくるモノを感じとったほうがいいだろう。

写真には個性など必要がないという意見もある。それはそうだ。
見ているモノが止まって手元に残せるならなんでもいい。それでいいのだ。
個性なんか求めるより素直に写っているものを受け入れればいいだけだ。そう、素直にね

写真には真実と嘘はあるだろう。同じ写真でも人それぞれ違う意味でみていることもある。
言語などを超えるのが写真だ。同じ言語でも勘違いが生まれ、伝わらないこともあるが、写真は時にそれを避けてくれるものだ。

悲しいことに、伝えることがなかなか難しい時代になってしまった。
人は便利なツールを手にし、簡単に連絡をとりあって文字列でスタンプで表現するようになった。電話はしなくなり、話し合いは結局吐き出して並んだ文字が誤解を生み出したことが多くなってきた。
なぜそうなってしまったのだろう。気持ちをわかって欲しいのに、うまく伝えることができないままで傷つけあったり悲しませたりするのは本人たちに問題があったとしても気づいたときにはもう遅かった。

写真に助けてもらうことはできるだろうか。それでは写真で解決するものではないかもしれない。
「あなたのことをずっとみています」と伝えたい一枚の写真は、ただの紙切れになってしまうそのまえに



ではまた