ごく普通の在日

英語授業がはじまった

始まったというより、始まっていたよ。 前に書いた記事で授業開始から約1ヶ月が経った。 あっという間だったけど結局、授業時間以外で生活で英語を話す機会はあまりないから自分の英語能力が高くなったかというとそう感じることはない。


授業の進め方

授業内容はすごく初級の基本から始まった。文法も会話、表現も語彙も。少しつまらなかったけど、正しく話せるように基礎からしっかり覚えておかないと意味がない。
Student Partnerに勧められたプランは、2回の日本人先生(Grammar)と1回の外国人先生(Expressions)を繰り返すように、そしてたくさん、しっかりとGrammarを進むように、と

次の授業まで教科書で問題を解いてからわからないことがあるときは授業で先生に質問する。授業時間では語彙と会話の練習している。授業時間は1回/40分だけど個人的には足りないよー全然。もちろん授業中に脱線話したりするしねぇー特に日本人先生は

Grammar

基礎Grammarでは、be動詞/過去形、現在形・否定・疑問から、現在進行形、過去形/過去進行形などをすすめて、未来とか疑問文のWho..? What..? Which..? How..? そしてthere + be 動詞構文とか

Expressions

簡単な日常会話になる、レッスン毎にストリー設定が用意され、聞いたり答えたりする。

例えば、School Daysというストリー設定で
  • 英語で自己紹介すると?学校で好きなところは?
  • 学生の頃はどんな活動していたか?
  • 学校の休み中に何をしていたか?
  • 学校に関する意見に賛成・反対して理由を挙げる
Familyのストリー設定
  • 家族は何人いるか?
  • 家族の外見や性格を説明する
  • 家族の生活についての意見に賛成・反対して理由を挙げる

どこかのすれ違い

心配していたことにぶっつかっていた。おれは外国人の自分が日本で英語を勉強するのが予想以上ややこしいことで本当に意味があるのかどうか
例えば、知らない英語の語彙を先生に質問したとき、出てきた答えが日本語でその日本語がわからなかったらまた調べて母国語に訳してやっと意味を理解する

実際、宿題やっているときは本当の「意味」として捉えるように日本語も母国語も調べておかないといけないわけ。これは人一倍でやらないと結果がでないだろう。まぁしょうがない。いつものことだ。才能がないやつにだんだんとやっていけばいい

もうひとつの違和感は、授業で先生にどきどき趣味のことや時間があるときどうしているか?と聞かれる。
What is your hobby?
What do you do on the weekends?

My hobby is computer programming. って答えたらよく不思議な顔をされる。うん、引かれるくらいで
続けて I sometimes go out to take a photograph と言ったらなぜかほっとした顔になっていた。

属している業界が違うと価値観が違ってくると改めて知らされた瞬間だった。功利主義の快楽の質の差のことを思い出した。それに似たようなもんかもしれない。

始まったというより、始まっていたよ。 前に書いた記事で授業開始から約1ヶ月が経った。 あっという間だったけど結局、授業時間以外で生活で英語を話す機会はあまりないから自分の英語能力が高くなったかというとそう感じることはない。


授業の進め方

授業内容はすごく初級の基本から始まった。文法も会話、表現も語彙も。少しつまらなかったけど、正しく話せるように基礎からしっかり覚えておかないと意味がない。
Student Partnerに勧められたプランは、2回の日本人先生(Grammar)と1回の外国人先生(Expressions)を繰り返すように、そしてたくさん、しっかりとGrammarを進むように、と

次の授業まで教科書で問題を解いてからわからないことがあるときは授業で先生に質問する。授業時間では語彙と会話の練習している。授業時間は1回/40分だけど個人的には足りないよー全然。もちろん授業中に脱線話したりするしねぇー特に日本人先生は

Grammar

基礎Grammarでは、be動詞/過去形、現在形・否定・疑問から、現在進行形、過去形/過去進行形などをすすめて、未来とか疑問文のWho..? What..? Which..? How..? そしてthere + be 動詞構文とか

Expressions

簡単な日常会話になる、レッスン毎にストリー設定が用意され、聞いたり答えたりする。

例えば、School Daysというストリー設定で
  • 英語で自己紹介すると?学校で好きなところは?
  • 学生の頃はどんな活動していたか?
  • 学校の休み中に何をしていたか?
  • 学校に関する意見に賛成・反対して理由を挙げる
Familyのストリー設定
  • 家族は何人いるか?
  • 家族の外見や性格を説明する
  • 家族の生活についての意見に賛成・反対して理由を挙げる

どこかのすれ違い

心配していたことにぶっつかっていた。おれは外国人の自分が日本で英語を勉強するのが予想以上ややこしいことで本当に意味があるのかどうか
例えば、知らない英語の語彙を先生に質問したとき、出てきた答えが日本語でその日本語がわからなかったらまた調べて母国語に訳してやっと意味を理解する

実際、宿題やっているときは本当の「意味」として捉えるように日本語も母国語も調べておかないといけないわけ。これは人一倍でやらないと結果がでないだろう。まぁしょうがない。いつものことだ。才能がないやつにだんだんとやっていけばいい

もうひとつの違和感は、授業で先生にどきどき趣味のことや時間があるときどうしているか?と聞かれる。
What is your hobby?
What do you do on the weekends?

My hobby is computer programming. って答えたらよく不思議な顔をされる。うん、引かれるくらいで
続けて I sometimes go out to take a photograph と言ったらなぜかほっとした顔になっていた。

属している業界が違うと価値観が違ってくると改めて知らされた瞬間だった。功利主義の快楽の質の差のことを思い出した。それに似たようなもんかもしれない。