ごく普通の在日

沸騰!図書館、を読んでみた


「沸騰!図書館」は、佐賀県武雄市市長「樋渡啓祐」さんが市立図書館をリニューアルした話だ。
樋渡市長は数年前からネットで炎上して話題になっていたことを知っている人もいるだろうけど、自分はそんなのよく知らなかった。たまたまこの本を知って興味を持って読んでみただけで、樋渡市長についてはどんな人なのかは気にしていなかった。


図書館のリニューアルのきっかけは、市長が「TSUTAYAのようにしたい」という考えで最初からCCCの運営にしたいというわけでもなかった。
この本には図書館が今の形になるまでの経緯、様々な課題をクリアしていくことが書かれている。
個人的な感想だけれどこの本には、当時リニューアルに反対したり文句を言ったりしていた人たち、または組織に対するは著者、樋渡市長の怒りが含まれて文字に現れている。
「沸騰!図書館」は政治についても書かれていて、都市開発の一つの例として役に立つと思う。

沸騰!図書館 100万人が訪れた驚きのハコモノ

「沸騰!図書館」は、佐賀県武雄市市長「樋渡啓祐」さんが市立図書館をリニューアルした話だ。
樋渡市長は数年前からネットで炎上して話題になっていたことを知っている人もいるだろうけど、自分はそんなのよく知らなかった。たまたまこの本を知って興味を持って読んでみただけで、樋渡市長についてはどんな人なのかは気にしていなかった。


図書館のリニューアルのきっかけは、市長が「TSUTAYAのようにしたい」という考えで最初からCCCの運営にしたいというわけでもなかった。
この本には図書館が今の形になるまでの経緯、様々な課題をクリアしていくことが書かれている。
個人的な感想だけれどこの本には、当時リニューアルに反対したり文句を言ったりしていた人たち、または組織に対するは著者、樋渡市長の怒りが含まれて文字に現れている。
「沸騰!図書館」は政治についても書かれていて、都市開発の一つの例として役に立つと思う。

沸騰!図書館 100万人が訪れた驚きのハコモノ